活動報告

東京湾大華火祭

 東京の夏のイベントですっかり有名になった中央区主催の「東京湾大華火祭」は中止ですが、まだ先の開催なのになぜ中止なのですか?という声が多く聞かれます。中止の理由については中央区のホームページにも記載があります。

 

夏のもっとも暑い時期に行うために節電を考えると広範囲にわたり夜間照明の設置は電力供給において大きな負担となる。人出は70万人にも上るので電車や地下鉄の交通を動かす電力の供給が対応できるかが不安。港湾関係、交通関係、警備関係など大掛かりな準備を必要とするので開催、否かの判断は4月までに行わないと準備ができない。などが主な理由です。来場者の安全管理をもっとも重要視したなかでの中止決定でした。