活動報告

事業者向け緊急小口融資。。。

中央区には区民向けに緊急融資の制度があります。1世帯30万円の枠で。住民登録3か月以上で税金完納が条件。無利子での貸し付け。

 

上記はあくまでも個人向けの制度で、急に家具を買いたいとか冠婚葬祭に使うとか、医療に使うとか利用用途は問わない。

 

富永が必要と考えるのは小規模事業者向けの緊急融資の制度です。現在は緊急の融資の制度はもちろんあります。保証料の半額を区が助成したり利子が安かったり。

しかし、それらは融資が決まって初めて優遇になるのであって、信用協会から融資OKの話が出なければ何にもなりません。小規模事業者はいま経営が厳しい状況です。そのなかで融資が受けられなくて倒産していく会社は残念ながら多いのが現実です。

その厳しい審査をうける段階で、なにか少額(200万円程度)が受けられる制度があればどれだけの会社が生き延びることができるか。。。

担当は「返済見込みのない人に融資できませんよ」という。ごもっともです。富永は「返済見込みのない人に融資をしてください」と言っているのではありません。「これさえあればしのげる!という人に融資をしてください」と言っているのです。区民事業者としての信用プラスアルファを担保としてスピーディーな融資が受けられれる制度があればいいと考えます。

 

もし制度ができた暁には利用希望者は殺到すると思います。その中の多くは「返済見込みの立たない」申し込みかもしれません。しかし、その制度が浸透していけばこのい制度が多くの小規模事業者の助けになると考えます。

 

現段階ではこの制度を実現することは難しいです。しかし、だからと言ってそこから先に進まないのでは意味がありません。区民事業者のためにもぜひ実現させたい制度です。

 

商工の中央区です!中央区の商工の発展なくして未来の中央区はあり得ないと考えます。