活動報告

豊洲までの道中

久しぶりの更新です。築地市場の豊洲移転はほぼ決定です。設計の問題、土壌の問題などまだいろいろ問題は残っていますが、移転した場合、豊洲まで食材を仕入れに行かなくてはならない負担が生じるので、どのようになるのか実地調査してきました。

富永は大正2年創業の料理屋の孫として生まれました。そのため幼少期から祖父に手をひかれ小さな長靴を履いて買い出しに連れて行ってもらっていました。有楽町に電車が着くと長靴を履いたおじさんたちが改札に向かって競争です。乗合タクシーに乗るためです。何人かで1台のタクシーにのって割り勘です。タクシーの行先は築地の魚河岸、時間に余裕がある人はバスです。

知られていないことですが、新幹線にのって築地に仕入に来ている人もいます。毎日とは行かないので週に2回くらいだと思いますが。地下鉄やJRを使って仕入に来ている人は大勢います。有楽町、新橋からわずかな距離に位置する築地の地の利は便利です。

新橋からゆりかもめに乗って市場前駅まで行ってみました。運賃は370円で台場、有明を経由してかなり大回りして市場前駅に到着。所要時間は30分。これは買い出しには使えるルートではないでしょう。市場前駅からは新橋までタクシーを使いました。所要時間は10分でしたが料金は1700円。土曜日の道路がすいている時間で10分ですから平日の朝なんていったらとても10分じゃつかないでしょう。となれば料金も2000円オーバーは必至。移転の代償に直行の都バスでも100円くらいで走らせてもらわないと仕入にはかなりの負担が生じるでしょう。仕入に使う移動距離が長くなれば時間もそれなりにかかるわけで、仕入のために家を出る時間を前倒しにしないといけなくなります。これがかなりの負担となるのです。

市場は本当に移転するのか、移転した場合中央区は築地に市場を作るのか。。。いずれにせよそれらの問題は解決しなくてはなりません。築地をなんとしても守りたいですね。

 

江戸バスを使って区役所まで行き、新橋までは徒歩で向かいました。途中昭和通りにかかる大きな歩道橋を渡ります。(銀座6丁目)。周りには横断歩道がないので地下通路か歩道橋を渡るしかありません。歩道橋にはエスカレーターが設置されていますが節電のため停止中です。ほかに道路を渡る手段がないのになぜ止めるのか疑問を持ちながら階段を上りました。渡り切ろうとするところで一歩一歩杖を使って階段を上がってくるおじいさんを見かけました。そのおじいさんに浜離宮への道順を尋ねられました。バリアフリーなはずなのにエスカレーターを止めているばかりにお年寄りや障がい者に負担になってしまっている。駅などでも節電のためにエスカレーターを止めているけど節電も考えて実施する必要がありますね。

人なつっこい日本橋の雀

 昨日は日本橋中学校の運動会、日本橋歯科医師会のイベントに参加してきました。そのあとは珍しくのんびりし、夜も早めに就寝したせいか今朝は5時に目が覚めました。せっかく早起きしたので愛犬アルフレッドと散歩に出かけました。コースは隅田川テラスを通り、佃大橋を渡り月島もんじゃ街を抜けて勝どきに出て、勝どき橋からあかつき公園を抜けて帰宅。ランニングしている人、犬の散歩の人、ラジオ体操をしている人、お巡りさん、会う人みんなに「おはようございます」と挨拶。気持ちのいい朝を迎えました。

さて、日本橋中学校の運動会ですが、校庭が狭いため浜町のグランドで開催です。生徒たちの入場行進を先導するのは吹奏楽部。ドラムとかすごい上手いな、と思ったら全国トップ10に入るそうです。なるほど納得。

短距離走は80メートル!?中学生で短すぎますね。先日行った常盤小学校では140メートル。これは少し長いかな?ただ中学生の方が小学生より60メートルも短いのに驚きました。ハードルも50メートル。う~ん、ちょっと疑問ですね。

お弁当をいただいたので一緒にいた染谷議員と浜町公園のベンチでい食べました。座って封をといていたら雀が一羽飛んできて弁当のおねだり。米粒を上げていたらもう一羽飛んできました。

すずめ.jpg

かわいいね。。。子供のころ弱って落ちていた雀を飼っていたけど本当は野鳥は飼ってはいけないんだけど。。。

 

動物を飼うというついでに。

散歩中に多くの犬とすれ違ったけれど今中央区で飼い犬登録されているのは3000頭強。しかし、実際はどれくらいの犬が飼われているのだろうか?区の保健課でも頭を抱える問題です。日本では狂犬病の発症は現代ではほとんどないのですが、万一発症、もしくは発症の疑いがあれば殺処分です。犬同士の感染だけではなくコウモリなんかを介しての感染もあるそうです。知人の獣医さんから聞いた話ですが、獣医さんの中には日本ではもう狂犬病の予防注射はいらないと論じている人もいるそうですが、万一に備えて予防はすべきですね。これは飼い主の責任として。費用は3000円ですが。

それともう一つ、先日ペット同居可能な避難施設をレポートしましたが、万一東京が被災したらペットの避難先はどのようになるのでしょうか?これもいま中央区では大きな課題となっています。実際区内のペットの数が把握できていないのですから。区が、獣医さんがどんなに予防接種、登録を呼びかけてもその先は飼い主の責任ですよ。ペットも家族の一員と考えるなら飼い犬登録をしましょう。ペットの避難を考える上で必要なことです。

 

消防殉職者慰霊祭

25日の火曜日に消防殉職者慰霊祭に初めて参列してきました。

これは江戸時代より昭和初期までに殉職した火消し・消防士への慰霊祭です。

毎年5月25日に浅草の浅草寺の境内で行われています。

式.JPG

大きなテントが張られ来賓席が並びます。祭壇が祀られ祭祀たちが祀りを執り行います。

纏.JPG

江戸消防記念会の大きな纏。会長は日本橋六の部のろ組の鹿島の頭です。

来賓の代表者の方々が玉串を捧げます。富永も捧げました。

祭礼が終わったら休憩をはさんで演技です。

纏行列.JPG

ずらりと並んだそれぞれの町の鳶連中による纏の練り歩きは圧巻です。

梯子1.JPG

梯子の上では頑張ろう日本!などの垂れ幕が爽やかな風になびきました。

梯子2.JPG

梯子糊乗りの見事な演技が披露されます。

梯子下.JPG

梯子をカギを使って支えます。

纏勢揃い.JPG

纏を持った連中が梯子乗りを見守ります。

記念.JPG

左から八丁堀の大作さん、鹿島組の若頭の彰君、京橋の細田さん、富永。

浅草の青い空によく似合う頭連中の粋な姿でした。

 

ペットと暮らせる避難所

 24日の火曜日に先輩の木村議員と富永、染谷、瓜生の新人3人の4人で光が丘第2小学校跡の避難所を視察してきました。

東京都内でもペット同居が可能な唯一の避難所です。練馬区の職員2名とボランティアが施設の運営にあたっています。

震災からすでに2か月以上経過しているので多くの避難者が退所された後であり、数家族が生活している状況でした。

使わなくなった小学校の1、2階部分を使った避難施設です。保育園も併設されていた学校です。

 ペット同居可能な施設として有名になりましたが、練馬区としては公にペット可能としたわけではないとのことでした。最初に入所を希望された方がたまたま犬を飼われていた方で、ほかの施設では入所を断られ続け、車の中で避難生活をされており、「このままでは健康にも精神的にもよくない」と避難所長が入所を認めたそうです。それが人づてに伝わりペットを連れた避難者が集まったそうです。ただあくまでも現場での判断、対応であり、練馬区としてはペットということは出していませんでした。

 実際の避難生活の様子やペットのこともお話を伺いたかったのですがプライバシーの問題もありあくまでも施設の見学になりました。

 

校舎に入ると最初の部屋が運営本部になっています。ここに区の職員さんやボランティアの方々がお仕事をされています。

校舎内は土足です。

運営本部.JPG会議室.JPG

本部内の様子です。

掲示板.JPG

本部の近くには情報の掲示板があり、職員さんやボランティアの方々が細かい情報を書いていく。写真は所長の宮原さん(練馬区の職員さん)

掲示板2.JPG

 

近隣情報.JPG

生活のための買い物やお風呂の情報も。お風呂に関しては近隣の銭湯やホテル、スポーツセンターなどが協力。入所者章を携行すればお風呂は無料で利用可能。これも施設と地域が連携して。

近隣地図.JPG

施設近隣の大きな地図が張り出されていたがこれも近所の業者さんからの提供。

無料電話.JPG  FAX,PC.JPG

NTTからの無料電話も設置。同時にパソコンもありました。

保健室.JPG

保健室では近隣でマッサージ院を開業されている方からのマッサージのサービスも。しかし、これに関しては入所者の身体に触れることでもあるのでずいぶんと話し合われたうえでの決定となったそうです。

部屋.JPG

生活する部屋ですが1つの教室を間仕切りを設置して2つに仕切っており2家族が生活できるようになっていました。最初は簡単なパーテーションで仕切られていただけでしたが、区長が視察した際に、間仕切りと畳を置いたそうです。

校庭に面した教室は校庭側にもドアがあるのでそこをペットのいる方用の部屋としたそうです。校舎にペットエリアを設け、動物の苦手な方と生活区域を分けたそうです。ペットも不安定になり食事の時間に食堂へは同伴が認められず、ペットが留守番になる時など最初のころは吠えたりもしていたが、それも徐々におさまりペットに関するトラブルはなかったとのことです。

赤ちゃんシャワー.JPG

保育園が併設されていたので小さなお子さんは所内で入浴できました。

調理室.JPG

給食の調理室を使って入所者の食事を作っているのですが、最初は当番制で全員分の準備をしていたが、それが段々と家族ごとの調理へと変わっていったとのことです。単身で入居している方の分は誰かが一緒に準備してあげたりしているそうです。冷蔵庫もいくつかあり、家族ごとに食材に名前を書いて収納しているようです。テーブルの上の調味料などは支援物資として提供されたものだそうです。

談話室.JPG

こちらは談話室。テレビもありました。

子供遊び場.JPG

子供の遊び場。こちらにもテレビが。談話室のテレビは大人が常に災害の情報番組を見ていたために子供部屋を設けてこちらは子供用のテレビを設置したそうです。小さな子供も多く、この部屋を使うときには必ず保護者に同伴してもらい怪我や事故のないように入所者同士で注意をはらってもらっていたそうです。

記念撮影.JPG

左から木村議員、染谷議員、富永、瓜生議員

 

今回の視察は被災してから2か月以上が経ち、多くの入所者が退所された後だったこともあり、実際の避難生活の状況を知るには至らなかった。

もし、この土地が被災の中心であったら混乱は免れないだろう。どこの地域も防災の想定は当地に起こりうる災害に対してであり、他所からの被災者受け入れに関してはそれほどは考えてはいなかったと思う。

やはり日ごろからの意識が大切。食料の備蓄や懐中電灯の常備と同時に、段ボールやガムテープ、ビニールシートなど身近なものが実際役に立つことを知った。段ボール1枚あれば地面に寝るにしたって暖かいし固くない。いざとなれば小規模の浸水なら段ボールとビニールシートで食い止めることができる。

ITではツィッターなどにより情報の伝達も早い。しかし、混乱する雰囲気の中にツィッターから入る情報を最新の情報としてとらえてしまい、なるべく多くの人に知らしめたいと拡散やりツィートを繰り返す。これはデマや間違った情報の拡散にもつながりパニックをおこしたり、風評被害をもたらすので各自の注意が必要。

 

ペットに関しては現在中央区びは約3500頭の犬が登録されています。登録されていない数は全く把握できていません。飼い主の責任として必ず登録してもらいたいです。しかし、これは犬に限ってのことで、犬以外のペットに関しては登録の仕組みがないのです。これは他区においてもそうです。ペットブームである昨今、ペットを含めての防災活動を進めていかなくてはいけないですね。

 

 

 

 

中央区のわんぱく相撲

22日の日曜日は浜町体育館で区内の小学校に通う子供たちのわんぱく相撲大会があった。富永は日本橋六の部の地区委員としてお手伝い。女子の部の取り組みの行事など土俵周りのお世話。低学年の子供達の表情を見ていると笑えるくらいかわいい。真剣に間合いを取る子。おっかなびっくり間合いを取る子。負けて泣いちゃう子。勝って泣いちゃう子。小柄な子から体格のいい子までみんな真剣に相撲を取っていた。