活動報告

土曜日

 帰宅したのは午前四時。。。町会長、環境浄化対策委員長、各町の青年部長たちが集まって環境浄化についてのミーティングだった。八重洲・日本橋の地域の顔役はほとんどが飲食店経営者。よって会合は各々の商売を終えてからが多い。集まり始めが23時くらい。それから話が始まるのだから終わりは3時、4時になる。金曜日が多いが土曜日も商売している人は当然睡眠時間も無くなる。

 

 本日は9時より常盤小学校の音楽会にお邪魔してきた。こちらの催しは2年に1一回とのこと。子供たちが合唱と合奏を一曲ずつ学年ごとに披露する。講堂の2階の来賓席から見せてもらった。友達の子どもを探すのが楽しかった。子どもは僕がいたのを気づいていなかったかもしれない。まさか手を振るわけにもいかないし。

常盤合唱.JPG

常盤小学校は来年創立140周年を迎える。中央区の16の小学校の中でも特認校に指定されていて、城東小、阪本小とともに小規模学校でもある。3校の合計児童数は今年度の入学式の時点で299人。この常盤小に通う子どもは現在124人。小規模三校のなかでは真ん中。都会の学校という性格上児童数は少ないが、地域の大人たちに常に見守られている。

児童数が少ないことに関しては区の政策であるフロンティアスクールの中で、他校とインターネットを通じて子どもたちがコミュニケーションをとったりながら友達を増やしたり、移動教室の事前準備などをしている。

 

6年生の出番まで見た後は京橋築地小学校に行ってきた。

こちらでは体験型環境学習祭ということで「2011年子どもとためす環境まつり」が中央区環境保全ネットワークの主催で行われていた。

受付を済ませて会場に入ると環境土木部長がおり、部長に会場を案内していただいた。

子ども環境サミットでの研究成果の発表をはじめ34の体験型の展示が行われていた。ペットボトルを使ってのおもちゃ作りや、ユニークなところではマグロの解体ショーなども。アラは捨てればゴミだけど使えば資源。まかないの考え方だ。

環境まつり.jpg

子どもたちが身近にあるものに触れながら、資源の再利用などのリサイクル→エコロジーとしての考え方を学んでいく学習祭り。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

迷路.jpg

こちらは幼稚園の部屋に設けられた段ボール製の迷路。。。子どもたちが遊んでいた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 3時半からは日本橋プラザビル会議室で日八会の役員会。今日の会合にはこれまた環境土木部の副参事が参加して東京駅前のエコタウンとしての取り組みについて話をした。まちの人たちと行政が身近に話し合う機会は今後さらに必要になる。日八会は来年4月に開催予定の1大イベントであるさくら祭りの準備に入っているが、行政とのコラボを強化することにより、地域にとっても大きなものができる。さらに隣地域、区内全域とコラボしていくことが必要であり重要。

富永はこのことをずっと訴えていた。今回の一般質問でも発言した。

古くからの区民、新しい区民が一緒になって今後の中央区を作って行かなければならない。富永はずっとそれを提唱し続け行動していきます!!