活動報告

遊び場

 今日は役所に行く予定はなかったが、福祉保健部に聞きたいことがあったのでとんぼ返りで役所の6階に行った。

 とんぼ返りだったわけで帰りを急いでいたら中央署の交通規制課長さんとばったり。どこへ行くのか尋ねたら、先日富永が区に相談した「一方通行逆走多発地点を見に行く」と。すごい偶然、であるならば一緒に行きましょうということで現場に向かった。現場で検証しているところへ偶然にもこの件の陳情者も合流。警察としては道路に通行規制矢印を大きく表示するとのこと。これで随分と事態は解消されると思う。それをさらに強めるために標識も設置したいとの考えだが、それに関しては現場付近の物件所有者が難色を示している。店舗の日よけテントが邪魔で標識が見えないところも。テントの改善には非協力的。せっかくまちの安全のために行政が動いてもまちの人が協力してくれないのはちょっと残念。物件に見栄え等の問題にも関することだから仕方ないのかな。。。

 次いで警察としては歩道上の看板や植木、テーブルなどについても排除したい考え。これは歩道上にあることによって歩行者、自転車の通行の妨げになるから。中央区内の大通りはやはり自転車の車道通行は危険なので歩道を走ることを考えているため。歩行者、自転車が歩道を通行するには、まず歩行者優先。決して自転車がベルを鳴らしながら走るべきではないと思う。メッセンジャーの車道通行においてはルール徹底させるべき。取り締まりも強化してもらいたい。

 

 今後区では道路使用について、客引きや、看板、違法弁当売り等の規制のためのキャンペーンを展開してくれるとのこと。これらを整理するにはみんながそれに協力してもらわないとできない。ぜひ皆さんご協力をお願いします。

 

さてさて、今朝ほどツィッターでも書きましたが、日本橋界隈は開発で大きな事業所が増えています。そんな中で事業者が独自に保育園を開設して事業所ではたらく親御さんのために子供を預かっています。行政が携わっていない民間保育園です。日本橋にこの保育園を整備している大手企業があります。預かっている子どもは15人程度。たまにその子どもたちが出かけるのを見かけます。遊びに行く所です。聞けば常盤公園。

 ふと閃きいた。百貨店の屋上を保育園に通う子どもの遊び場として開放できないか。さっそく世話になっている百貨店の人に聞いてみたところ「いいねぇ、ちょっと考えよう」とのお返事をいただいた。近場には民間保育園は上記の一つですが、2か所目が開設されるような話も耳に。

 保育園が増えてから屋上なのか屋上があるから保育園が増えるのか、今後じっくり検証は必要ですが、百貨店と民間保育園、行政と三つ巴のアイデアです。